自己破産の相談
メインメニュー   トップページ ご利用案内 お問い合わせ リンク
自己破産の申し立て


自己破産の申し立て

小額だけならまだしも、このままでは利子分だけで、借金が返せないとなった場合に、裁判所に自己破産の申し立てを行います。
今ある全ての財産を、お金に変換し、各債権者に配当するという形を取ります。その後、正式に裁判所から許可を得ることができれば、借金の返済義務がなくなり、免除されるという形になります。

もちろんそれだけの効力があるこの自己破産を行うには、厳しい条件があります。絶対支払いができない、支払い不能に陥った場合というのが最低の条件になります。そのため、自分がただ返せない考えているだでは、自己破産の申し立てをしたとしても、許可が降りるかは分かりません。浪費癖をなおせば十分に返せると判断される場合や、ただ返したくないといった理由では、自己破産は行えませんので、注意が必要です。

Google
WWW を検索 www.jikohasan.lawyers-works.com を検索
自己破産について

■自己破産について

自己破産とは
家族の問題
仕事の問題
保証人の問題
自己破産のメリット・デメリット

■自己破産申し立て

用意するもの
債務者一覧表の作成
申し立て書類の提出
自己破産手続きの流れ

■自己破産の費用

自己破産申立費用
法律扶助制度

■専門家による自己破産手続き

自己破産手続き

■悪質な取立て対処法

ヤミ金業者の脅迫対処法
利息が高すぎる
完済した借金の請求書がくる

■自己破産に至るまで
自己破産の原因1
自己破産の原因2
自己破産の原因3
自己破産の原因4
自己破産の原因5

■グレーゾーン金利

グレーゾーン金利
貸金業登録証明書等
貸金業規制法17条
貸金業規制法18条
利息
弁済規定
保証人がある場合
最後に…

■よくあるご質問について
質問1
質問2
質問3
質問4
質問5

リンク

離婚
債務整理
過払い
借金返済
法律と弁護士事務所
リンク2
リンク3
リンク4
リンク5
リンク6